自画自讃初呑切り行事

同窓会会員有志による岩瀬酒造での「自画自讃」初呑切り行事が7月1日に行われました。

参加者
中矢浩一郎(22期会長)
石橋 誠治(21期副会長)
西村 文之(24期役員)
竹本 浩(22期)
羽方 毅至(32期)
椴木 のり子(35期)
本谷 夏樹(36期)
横田 勇(36期)
校長
おかみさん

自画自讃は火入れをお願いしてありましたので6月25日と28日に火入れが行われました。全量瓶詰めし、瓶火入れ、氷水に漬けて急速冷却。ほとんど大吟醸酒にしか行われない作業です。4度に調整された酒母室での貯蔵。まだ火入れしていないものがありましたが、利き酒では25日火入れが圧倒的に票を獲得しました。この経験だけでも十分意味のあった「初呑切り行事」参加でした。このお酒が7月に出荷となります。
午後3時08分御宿駅発
わかしお20号
4時34分東京駅着