天の川(あまのがわ)

朝鮮半島と九州の間にある小さな島「壱岐の島」に蔵はあります。
博多から65キロの会場にあるこの島は気候が温暖で平野も多くとても豊かな島です。
原産地の名乗れる「麦焼酎発祥の地」として有名です。最近では大分の麦焼酎などが大都市で販路を伸ばしていますが、すべて短期間でできる減圧蒸留です。麦焼酎の里「壱岐」では7軒の蔵すべてが常圧蒸留で焼酎を造っています。

壱岐は3世紀に書かれた中国の書「魏志倭人伝」に「 また南に海を渡る千余里、一支国に至る」として歴史の舞台に登場し、古くから日本とアジア大陸とを結ぶ文化交流の拠点として重要な役割を果たして いました。このような環境の中で中国から伝わった蒸留方法を使って壱岐独特の焼酎が生まれました。 それも日本で最も古い16世紀ころで壱岐が「焼酎発祥の地」と言われている由縁です。


 
天の川酒造(株)                                                                                  

長崎県壱岐郡郷ノ浦町 


蔵元:西川勝之氏